毛髪力zz

毛髪力zz効果なし!効かない人とは!?

毛髪力zzを使っても効果がない人というのは、

 

男性ホルモンの影響で薄毛が進行している人

 

です。

 

なぜなら、

 

毛髪力zzには、男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果がないから

 

です。

 

毛髪力zzの最大の特徴は、優れた発毛促進メカニズムです。
髪の成長に必要なタンパク質を生成して発毛シグナルを増幅し、
髪の原料となるエネルギーを供給することで毛根を活性化します。

 

薄毛や抜け毛で悩んでいる人というのは、決まって毛根に元気がありません。
毛根の細胞が弱体化してしまっていることで、毛周期と呼ばれる髪の成長サイクルに異常が発生し、
本来であれば成長途中であるはずの毛が抜け落ちてしまっているのです。

 

弱った毛根を元気にすることは重要な事です。
弱体化した毛根を活性化することで、毛周期が正常化し、
薄毛や抜け毛の予防になることは間違いありません。

 

 

ですが、

 

 

男性ホルモンの影響で薄毛が進行している人は、
毛根を元気にすること以前に、男性ホルモン対策を行う必要があるのです。

 

※もう騙されない!【薬用毛髪力zz】が効かない人と効かない理由!

 

根本的な原因は、男性ホルモンなのです。
男性ホルモンの脱毛作用を抑えずして、発毛を促進したところで
薄毛や抜け毛の根本的な原因の解決にはならないのです。

 

薬用毛髪力zzは確かに優れた育毛剤です。
医薬品を手がけるライオンから発売されているだけのことはあって、
独自に開発された技術、育毛成分が配合されています。

 

血行促進や発毛促進効果に加えて優れた浸透力や、頭皮環境を柔軟に保つための成分、
皮脂の酸化を抑制する成分なども含まれています。

 

ですが、残念ながら、

 

毛髪力zzに抗男性ホルモン効果はありません
つまり、男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果はないということです。

男性ホルモンによる脱毛作用を受けている人とは!?

薬用毛髪力zzは優れた育毛剤であるものの、抗男性ホルモン効果はなく、
男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果がないことは分かったと思います。

 

で、気になるのが、男性ホルモンが原因の薄毛とはどういう薄毛なのか、
男性ホルモンが原因のハゲとはどういうハゲなのかということです。

 

薄毛や抜け毛で悩んでいる人の中には、
”自分の薄毛が男性ホルモンによるものなのかどうか分からない”
と悩んでいる人もいるはずです。

 

男性ホルモンが原因の薄毛というのは、ハゲ方に特徴があります。
前髪や頭頂部に局地的に症状が表れます。

 

 

男性ホルモンによる影響を受けている人
  • 前髪の生え際が後退していっている
  • 前髪が局部的に薄くなっていっている
  • 頭頂部だけ局地的に薄毛が広がっていっている
  • 前髪+頭頂部の薄毛が進行している

 

 

側頭部や後頭部の髪に異常がないにも関わらず、前髪と頭頂部に症状が表れているのは、
明らかに男性ホルモンによる影響を受けているのです。

 

その証拠に、男性ホルモンによる薄毛とは基本的に無縁な女性の薄毛には、
前髪や頭頂部だけに症状が表れるということはほとんどありません。
女性の薄毛は髪全体が薄くなっていくパターンがほとんどです。

 

側頭部や後頭部の髪に問題がないにも関わらず、
前髪や頭頂部の髪が局部的に薄くなっていっているのは、
明らかに男性ホルモンの影響を受けているのです。

 

あなたの薄毛が、男性ホルモンによる影響を受けているのであれば、早急な対応が必要です。
なぜなら、放置しておけばその症状はどんどん進行していくからです。

 

※もう騙されない!【薬用毛髪力zz】が効かない人と効かない理由!

 

前髪や頭頂部の薄毛はどんどん広がっていき、
最終的には側頭部と後頭部の髪を残して全ての髪が抜け落ちてしまうのです。

遺伝でハゲる人は男性ホルモンが原因です!

男性ホルモンが原因による薄毛は前髪、頭頂部に症状が出る傾向があり、
ハゲかたにはパターンがあることが分かったと思います。

 

あと、もう一つ忘れてはいけないのが、遺伝でハゲやすい人です。

 

それほど薄毛や抜け毛が進行していないものの、
自分が遺伝でハゲやすい家系に生まれ、将来が不安だという人もいると思います。

 

”遺伝でハゲる”とよく言われますが、遺伝でハゲやすい人というのは、
言い換えれば男性ホルモンの影響を受けやすい人ということになります。

 

遺伝でハゲやすい人 = 男性ホルモンの影響を受けやすい人

 

男性ホルモンは、男性であれば誰しも体内に流れています。
にも関わらず、男性ホルモンの影響でハゲる人とハゲない人がいるのは、

 

  • 男性ホルモンの影響を受けやすい人
  • 男性ホルモンの影響を受けにくい人

 

がいるからです。

 

男性ホルモンの元々の成分はテストステロンという成分です。
この成分が、5αリダクターゼと呼ばれる体内酵素の還元作用により、
テストステロン→ジヒドロテストステロンへと変化します。

 

このジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターと呼ばれる
男性ホルモン受容体と結合することで脱毛作用を働くのです。

 

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 脱毛作用

 

 

ジヒドロテストステロンは、アンドロゲンレセプターと結合することで脱毛作用を働きますが、
アンドロゲンレセプターと結合しなければ脱毛作用を働きません。

 

  • 遺伝でハゲやすい人 = アンドロゲンレセプターとジヒドロテストステロンが結びつきやすい人です。
  • 遺伝でハゲにくい人 = アンドロゲンレセプターとジヒドロテストステロンが結びつにくい人です。
  •  

    ちょっとややこしい話になりましたが、いずれにせよ、父親がハゲていたり、祖父がハゲていたりと、
    遺伝的にハゲやすい人は、男性ホルモンの影響でハゲやすい人だということです。

     

    ※もう騙されない!【薬用毛髪力zz】が効かない人と効かない理由!

     

    もし、あなたが遺伝的にハゲる家系に生まれており、薄毛が始まっているのであれば、
    その原因は、男性ホルモンであり、早急な男性ホルモン対策を行う必要があるということです。

    抗男性ホルモン効果が高い育毛剤・・・

    育毛剤の選び方は人それぞれですが、男性ホルモンによる影響を受けているのであれば、
    使用する育毛剤に抗男性ホルモン効果があるものを選ぶべきです。

     

    毛髪力zzは、血行促進効果、発毛促進効果、頭皮環境を正常化する効果は高いものの、
    残念ながら抗男性ホルモン効果はありません。

     

    男性ホルモンによる薄毛で悩まされている人が毛髪力zzを使用したところで
    薄毛の根本的な解決にはならないです。

     

    中には、毛髪力zzを使用したことで、抜け毛が減ったり薄毛が改善したと感じる人もいるでしょう。
    ですが、それは一時的なものに過ぎません
    一時的に改善したかのように思えても、体の内側から男性ホルモンの影響は確実に受けており、
    年月が経過するにつれて薄毛は確実に進行していくのです。

     

    自分の薄毛が男性ホルモンによる影響を受けていると分かったのであれば、
    使用する育毛剤は、抗男性ホルモン効果のあるものを選ぶ必要があります。

     

    巷には様々な育毛剤が氾濫しています。
    その中で、抗男性ホルモン効果が高く、毛髪力zz同様に血行促進効果、発毛促進効果、
    さらには頭皮ケア効果があるものを選ぶとすれば、チャップアップという育毛剤が候補に上がります。

     

    ※もう騙されない!【薬用毛髪力zz】が効かない人と効かない理由!

     

    チャップアップには計8種類もの抗男性ホルモン成分が含まれています。
    5αリダクターゼ酵素の働きを押さえ、ジヒドロテストステロンの発生を
    抑える効果がある生薬有効成分が含まれているのです。

     

    他の育毛剤と比べても抗男性ホルモン効果では間違いなくトップクラスの育毛剤になります。
    それに加えて、毛髪力zz同様の頭皮の血行促進、発毛促進、頭皮ケア効果を備えています。

     

    毛髪力zzとチャップアップでそれぞれ得られる効果を比較すると以下のようになります。

     

     

    毛髪力zzとチャップアップの効果比較

    比較項目

    毛髪力zz

    チャップアップ

    血行促進効果

    発毛促進効果

    頭皮環境改善力

    抗男性ホルモン効果

     

     

     

    毛髪力zzには、ライオンが独自開発した「BMP」、「エフリン」
    という独自の技術が使用されているため、優れた発毛促進効果があります。

     

    チャップアップの発毛促進効果も優れているものの、
    ライオンが独自開発したような成分、技術は使用されていないため、
    発毛促進効果では若干ですが毛髪力zzに高い効果が期待できるでしょう。

     

    血行促進効果や頭皮環境の改善化力は毛髪力zz、チャップアップ共に高く、
    得られる効果でそれほど差が開くことはありません。

     

     

    ですが、顕著に差が表れるのが抗男性ホルモン効果です。

     

     

    毛髪力zzに男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません。
    一方のチャップアップには計8種類のも生薬有効成分が含まれており、
    5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を徹底的に抑え込む効果があるのです。

     

    抗男性ホルモン効果がある育毛剤は、チャップアップ以外にもありますが、その反面、
    血行促進効果が低かったり、頭皮ケア力がなかったり、効果に偏りがあるものがほとんどです。

     

    トータルバランスに優れてて、抗男性ホルモン効果が高い育毛剤となると、
    やはりチャップアップがその候補の筆頭になるでしょう。

     

    最終的に、どの育毛剤を使用するかはあなたの判断になります。

     

    育毛剤を選ぶときに最も重要な事は、自分の薄毛の最大の原因を知るということです。
    そして、その原因に最もフォーカスした育毛剤を使用するということです。
    あなたの薄毛の最大の原因が何なのか、今一度再確認して育毛剤は選んだほうがいいですよ。